· 

ストレスの頭痛は催眠療法で改善

日本人にとって頭痛とは常に隣り合わせになっている悩みの一つです。頭痛にも色々種類があって、命を落とす危険のものや日常的に起こるものがあります。

 

特に片頭痛はズキンズキンと頭を金づちでリズミカルに内側から叩かれているような痛みを感じます。

 

少しでも頭痛を和らげたい、頭痛持ちの人ならそう思うでしょう。そんな方には催眠療法がオススメです。今回は頭痛と催眠療法についてお話します。

催眠療法で緩和できる2つの頭痛の種類

いつも頭痛に悩まされている人は日本で3人に1人くらいいると言われています。

 

日本の15歳以上の22.3%を占めるのが「緊張型頭痛」

8.4%を占めるのが「片頭痛」です。

 

この二つは常に頭が痛いと悩んでいる人にとって症状が多い頭痛です。

緊張型頭痛

筋肉のコリや収縮からくる緊張型頭痛は片頭痛よりも痛みは軽く、頭が重くなったり、圧迫されるような痛みを感じます。椅子に長時間座ってパソコンをしている人や合わない眼鏡をかけている人に多く見られるようです。

 

また、心が疲れている時に起こる緊張型頭痛は人間関係や家族問題など、精神的に弱い人に多くみられるようです。

 

緊張型頭痛になった場合、体と心の緊張をほぐすのが一番です。ストレッチやマッサージ、外に出て深呼吸などして気分転換したり、肩まで湯に浸かってリラックスするのもオススメです。一日中寝る、というのもいいかもしれませんね。

方頭痛

脳の毛細血管が異常に広がることで炎症をおこし、その炎症が周囲にある三叉神経という神経を刺激し、その刺激が痛みとなって脳に伝わることで発生するのが片頭痛です。

 

ズキンズキンとしたリズミカルな痛みが頭の片側に起こり、吐き気や光をまぶしく感じたり、音に敏感になります。

 

片頭痛になった場合、片頭痛を引き起こす原因を考える必要があります。それは人によってさまざまで、本人には覚えがない可能性もあります。

 

そんな時は暗い部屋で安静にし、横になって眠るのがいいでしょう。また、痛む個所をマッサージする、冷やす、温めるなどの楽になる方法を見つけるのも大事です。自分に合っている薬があるのなら、片頭痛の予兆がでてきたなと思ったら薬を飲んでください。

催眠療法で頭痛を緩和できる理由

頭痛は筋肉のコリや収縮、そして脳の毛細血管が異常に広がって炎症を起こすことによって生じます。その対処法としてマッサージや暗い部屋で眠る、薬を飲むなどがあります。では、頭痛の原因とは一体何なのか。

 

それはストレスです。このストレスを軽減することができれば、頭痛になる頻度は減るでしょう。しかし、ストレスの原因はその人が意識していない所で生まれている可能性があります。その場合、催眠療法がとても有効です。

 

催眠療法とは、脳をリラックス状態にしてから催眠をかけ、自覚なき無意識である潜在意識に働きかけます。普段自分が意識していない部分に何故ストレスが溜まっていくのか、その原因を探り当て、ストレスの原因を根っこから和らげたり、改善したりするのです。

 

また、催眠状態の間は自律神経を整える副交感神経が活発になります。

全身の血行が改善されるので肩こりによる頭痛も緩和することができます。

 

病院で検査をしても理由のわからない頭痛の原因の多くは、ストレスであることが多いです。

 

しかし、催眠療法によってストレスの原因を突き止めるだけではなく、一度全身の疲労感を緩和することができれば、その痛みは改善することができるかもしれません。

まとめ

頭痛を起こさせないためにはストレスを溜めないこと、これが一番です。そしてパソコンに長時間向かっていた場合はストレッチをしたり、深呼吸をしたりと体と心をほぐしてあげてください。

 

症状が和らぐように努力しているが、どうしてもストレスが溜まっていき、その原因がわからない場合は催眠療法に頼ってみてはいかがでしょうか。きっと、あなたの潜在意識の中に眠る原因を探り当ててくれるでしょう。