· 

うつ病に催眠療法は効果的なのか?

催眠療法とうつ病


うつ病 催眠療法 心理療法 カウンセリング
うつ病の症状と催眠療法について

うつ病と一言で表現をしても、多種多様な症状があります。うつ病は現在日本では15人に一人はうつ病を生涯経験するとも言われています。

 

このうつ病を改善するために、多くの人は心療内科や精神科を受診をします。しかし、うつ病は心の病。病院では症状を抑える薬は処方されることはあっても、根底の心の改善にアプローチをしていません。

 

催眠療法や、心理療法を通じて現状の回復をするだけではなく、生涯メンタルに強い自分になれることが重要だと私たちは考えています。

 

 

うつ病とは?


うつ病 催眠療法 カウンセリング ヒプノセラピー
うつ病とは?

催眠心理療法のケースをお伝えする前に、まずはうつ病について。

 

不安感、無気力、感情がなくなる、食欲不振

 

などが最初に起きる場合があります。

嫌なことや苦しいこと、悲しいことは生きていれば誰でも起こりうることです。

 しかし、うつ病は一時的な落ち込みではなく、なんとも言えない沈んだ気分が続き、喜びや興味の感情が薄くなっていきます。

医療では、そのような状況が2週間以上続くと鬱病と診断されます。

 

 

<うつ病によって引き起こされる心の症状>

●抑うつ気分

●不安・あせり

●遠くへ行きたい・消えてしまいたい

●喜びの喪失

●意欲の低下

●自分を責める

●会話や本などの内容が頭に入ってこない

●味や喜びを感じない

●集中力が続かない

●落ち込む

●自分には価値がないと感じる

●死にたいと思う

 

<身体に起こる症状>

●眠れない

●食欲がない

●体がだるい

●疲れやすい

●頭痛

●下痢・便秘

●手足のしびれ

●息が詰まる

●めまいなど

●月経の不順

 

うつ病の種類


出典:メンタルヘルス講座
出典:メンタルヘルス講座

うつ病の種類は様々なケースや症状があります。

主に5つの種類がありますが、最近では新型うつ病というものもあります。

 

●双極性障害

ハイテンションと気分が全く上がらずに衝動的な行動に出やすいうつ病です。

 

●気分循環症

軽いうつ病の状態、正常、を繰り返し起こり情緒が不安定になります。

 

●大うつ病

毎日がどんよりとした日々を過ごします。無気力になり、全てのことに興味も喪失してしまいます。

 

●気分変障害

慢性的なうつ病の状態が続きます。

 

●非定期型うつ病

過眠、過食等の症状を引き起こします。

うつ病は脳の病気なの?


うつ病は脳の病気だと精神科では言われていますが

『環境』や『元々の素質』によって引き起こされます。

 

少し想像をして欲しいのですが

 

あなたが、既婚男性だとします。

 

・失業する→家族に逃げられる→手元に何もない

 

このような状態になれば誰しもが心が折れてしまいます。

しかし、精神科ではそのような状況であったとしても『うつ病』と診断されるケースが大半です。

 

あくまでも例ですがうつ病は環境によって大きく変動をします。

 

 

催眠療法はうつ病に効果的なの?

うつ病は、催眠心理療法で改善することができます。

 

通常の催眠療法では難しいかもしれませんが、弊社の場合は独自の手法を利用しているので通常の催眠療法やカウンセリング、薬物療法よりも早く改善を促すことができます。

 

 

この障害を改善する際は

 

予期不安と広場恐怖を取り除く。

 

回避行動を取り去ることを目標とします。

 

 

具体的には催眠下でパニック発作が起こる現場を再現し、発作の原因になる恐怖を取り去る認知行動療法を主に用います。

 

 

また不安や恐怖に関係する脳の異常認知であって、認知を正せばパニックを克服できると本人に認認知させていきます。

弊社独自の催眠療法


弊社の場合は催眠療法の他に多彩な心理療法を併用して行なっております。

 

●論理療法

●弁証法的行動療法

●認知療法

●暴露療法

 

このため、通常の投薬治療やカウンセリングでは改善までに時間がかかることも、より早く改善をすることができるようになります。

 

弊社の催眠療法の代表的な進め方

 

クラィエントの問題行動や不安障害の引き金となる状況や刺激に、実際に体験するなく催眠下で行うことで、その状況に慣れていき、不安を感じない状態になっていくことを目指します。

 

パニック治療の進め方

  • 不安や恐怖を感じる事柄を具体的にリストアップする。
  • 軽度から強い不安までの順に並べたリストを作成する。

恐怖の克服スキルの獲得

  • 「予期不安」という先入観によりパニックが起きている事を理解する。
  • 催眠下で具体的にパニックが起こる現場を再現し、不安を克服さえていく。
  • 不安になった時に、安心する行動をアンカリングしていく。

克服

  • 実際に家族や親族とパニックが恐怖が小さい順から実社会で体験して成功体験を重ねる。

弊社での改善目安

催眠療法と心理療法の併用で通常は1ヶ月〜3ヶ月で症状が改善する。

病院でのうつ病の治療法


催眠療法 催眠 ヒプノセラピー うつ うつ病
うつ病の治療法

医療機関のパニック障害の治療と対応

 

薬物療法

 セロトニンやノルアドレナリンに作用する、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤)などの抗うつ薬が使われることがあります。他にも三環系や四環系と呼ばれるものもあり、医師はこれらの抗うつ薬の中から患者さんの症状に合ったものを処方します。

 

アメリカ精神医学会(APA)の2009年の治療ガイドラインでは、軽度の鬱病薬物治療は、認知行動療法が利用できない場合に取る選択となっています。

 

カウンセリング

 

一般的に臨床心理士の元で行われる自由診療(6000円〜1万円)です。

うつ病の方は恐怖や不安を感じやすいので認知行動療法をおこなう事で新たな捉え方や思考パターンを学んだり、意図的にパニックが起きやすい状況に身を置き、その場面になれる事で発作が起こらないことを体験する「暴露療法)という治療法が用いられることが多いです。

 

頻度は1週間に1回〜2週間に1回おこなう事を推挙されています。

 

 

 

医療機関での治療期間目安

目安としては半年〜1年の治療となりますが、場合によっては数十年長引く可能性もあります。

薬物治療のみでカウンセリングを受けていない場合には著しく治療効果が落ちるので、その分改善する期間が伸びていきます。

実際に、うつ病の再発予防として回復期をすぎてからも1年〜2年薬を不要させざる追えない場合があります。

弊社の場合は断薬、減薬を得意とする精神科を紹介しております。

 


うつ病と催眠療法のケース


19才 名古屋在住の女性


 1年ほど前から食欲がなくなりました。身体もとても重たく、どうしたらいいのかわからない状況が続いています。何事もやる気が出ません。胃腸の調子も悪く、何かあるとすぐに吐いてしまいます。

 

 

●症状

・胃腸痛

・不眠

・食欲不振

・無気力

・吐き気

 

 

●改善までのステップ

 

step1

本人がカウンセリングに来たがらなかったため、母親からのヒアリングと問題分析をします。

 

 

step2

食事療法とサプリメント療法を開始する。

オンラインを通じてカウンセラーと信頼関係を構築する

構築後に、対面にて催眠術で遊びながら、心の緊張感が溶けた段階で

催眠療法を行う。

 

step3

症状も収まり、自分から習い事をしたいと申し出が。心理学に興味を持ったので、『自己愛を形成するワーク』を行いながら心理学についても触れていきました

 

 

48才  東京都在住自営業


数年前から身体の怠さ、朝起きることができない、寝つきが悪いという症状に悩まされています。せっかく寝付けたとしても、何度も夜中に目が覚めてしまう。頭痛もひどいのでCTを撮りましたが、以上はありませんでした。

 

●症状

・動悸

・不安感

・めまい

・不眠

・中途覚醒

・頭痛

・肩こり

 

step1

カウンセリングを行い問題の分析を行う。

傾聴のカウンセリングを続けて、心の整理をしながら認知療法を入れていく。

 

step2

 

カウンセリングをすることで、ピンポイントとなったトラウマに焦点を当てて、催眠心理療法を行う。

 

step3

ビジネスを行う上で必要な人との接し方や人の動かし方を学ぶために、弊社の催眠スクールを受講

 

33才愛知県在住女性

1年前に転勤してきた上司との折り合いが悪くなる。これをきっかけにストレスが日々蓄積されて恋人との関係も悪化。仕事でもミスが連続をし、余儀なく退職をする。

 

●症状

・不眠

・焦燥感

・肩こり

・便秘

・胃痛

・胸の痛み

 

 

・不眠

・中途覚醒

・頭痛

・肩こり

 

step1

 

カウンセリングを行い、これまでの辛さを吐き出す。

心の整理を行う。

 

step2

 それでも症状が落ち着かないので催眠療法を行う。

サプリメント療法も開始をしました。

 

step3

症状は落ち着いたので、月に1回のカウンセリングを行うことになりました。現在は、必要ないと判断し辛い時のみ話をきくようにしています。

 

心のケアの催眠療法


この催眠療法は、幼い頃に負った傷を癒すための催眠療法です。

心の中に溜まっていた思いを催眠療法を行うことで解放をしていきます。


催眠・催眠療法の紹介


古典催眠


古典的な催眠術の基礎から学び方へのコースです。

催眠心理療法


心の病や不安、トラウマを解消するための催眠療法を学ぶコースです。

カウンセラーや臨床心理士、精神科などの方々におすすめのコースです。

現在催眠術


代表的なエリクソン催眠のメゾットをより実践的に利用できるようにした会話ベースの催眠術です。

学ぶ事によりコミュニケーションや人間関係が円滑に出来るようになります。

性感催眠術


ED,不感症改善

EDや不感症などの機能的な問題や、パートナーの関係完全の方法など人に言えない性の悩みなどを解決する方法を学びます。

ヒプノセラピー


失恋、家族のロス不安症などの心の病に

ヒプノセラピーで心の病や不安症の改善をしています。

不安症、失恋、トラウマ、PTSD、うつ病などの改善をします。

ダイエット催眠


ヒプノダイエット

ダイエットに何度もチャレンジしたけど成功しない。

運動は苦手だ。楽して痩せたい。

そんなあなたにヒプノダイエットをおすすめします。

潜在意識コーチング


メンタルブロックの解除

潜在意識を活性化してあなたの苦手意識(メンタルブロック)を解除していきます。

こちらは古典催眠と現代催眠を活用しながら、生きる目的や苦手意識の克服など行っていきます。