· 

催眠療法でがんを改善できるのか?

日本では、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっています。そう考えると日本はがん大国と言えるでしょう。

 

がんになったら私たちはどうしたらいいのでしょうか。そしてどうしたら再発しなくてすむのでしょうか。今回は催眠療法とがんについてお話します。

がんと免疫力の関係性

人間の体には数十兆個の細胞があります。細胞は細胞数を一定に保つために、分裂増殖をコントロールしています。

 

しかし、細胞の遺伝子変異や遺伝子に傷がついた事によって勝手に増殖し始める細胞集団(腫瘍)が現れます。この腫瘍が細胞組織の境目を超えて増殖したり、血液に侵入し全身に転移しようとしたり、他の組織が取ろうとする栄養をどんどん奪っていき体を衰弱させていく場合がん(悪性腫瘍)と呼びます。

 

 

がん細胞へ変わっていく途中でかんを押さえ込む遺伝子が修復したり、細胞自体を減らしたり、数が少ない場合はリンパ球などの免疫細胞がやっつけてくれます。なので全ての変異した細胞ががんになるわけではありません。

 

 

ストレスなどで免疫力が低下しているとやっつけることができず、がん細胞はどんどんと大きくなっていきます。治療せず放置しているとどんどん全身にがん細胞がうつっていき、やがて死にます。

 

 

良性の腫瘍は細胞の都合など考えず好きに増殖していくのは同じですが、他の細胞の境目を破って増殖することはありません。増殖のスピードもゆるやかで、外科で完全に切除すれば再発もしないと言われています。

日本の主ながんの改善方法

①外科手術

がんを切除します。切除する範囲を小さくしたり、工夫することによって治療後のがんにともなう別の病気が起こらないよう最小限に手術をします。

 

②薬物療法

薬物療法は薬の種類によってがん細胞への攻撃の仕方が変わります。

入院して薬による治療をうける場合もあれば、予約した日時に病院に通院して治療をうけるといった場合もあります。

 

③放射線治療

放射線を照射し、増殖するがん細胞を抑えます。体を傷つけることなくがんを小さくする効果が期待できますが、がんの種類によって治りやすさは異なってきます。

 

がんの場合、どの治療法をとっても完全に治ったということにはなりません。体に害を及ぼさない程度に切除したり、放射線を浴びせることで小さくしただけなので、再発する恐れもあります。

催眠療法でがんを改善できるのか?

がんの原因としてタバコや生活環境など言われていますが、ストレスが重要視されています。このストレスの原因を取り除く方法として催眠療法があげられます。ただ、最初にはっきりとお伝えします。

 

催眠療法を行うことによてがんが完全に回復できると断言することができません。というのも、私たちには暗示性(催眠のかかりやすさ)というものがあります。それにより効果も変動をします。

 

 

しかし、がんに対するアプローチとして弊社では下記のことを行っています。

 

☑️免疫力を向上させたい

☑️ストレスを緩和させたい

☑️痛みを緩和させたい

 

これら3つのことにアプローチをすることができます。

実際に、白血球の値が非常によくなったかたもいらっしゃいます。

 

どうして催眠療法が免疫力をあげることができるのか?

催眠療法とは催眠をかけることによって潜在意識と呼ばれる無意識の中にいる内なる自分と対話し、自覚できない原因などを探り、改善へ導く療法です。

 

潜在意識は人の意識の内95%を占めます。そしてこの潜在意識は自分の心の奥深くなので、自分一人では変化させることなど難しい領域なのです。

 

催眠を使ってその領域に働きかけ、ストレスの根本的な理由を聞きだし、再発を防ぐためストレスの原因に対して良いイメージを植え付け、悪い記憶を良い記憶にすり替えて終了です。

 

何度も受けていると、自然に原因に対してストレスを感じにくくなっていきます。

まとめ

がんは誰もがなる可能性を秘めた病気です。異変した細胞が増えていくのを抑える機能がせっかく備わっていてもストレスで弱ってしまっては、防げるものも防げません。

 

がんになってからの治療はとても大変です。治療がうまくいったとしても、再発する可能性だってあります。再発が不安だ、という場合ぜひ催眠療法を受けてみてください。あなたの内なる自分がきっと望む答えをくれるでしょう。