· 

催眠療法とアルコール依存症

催眠療法(ヒプノセラピー)とアルコール依存症

アルコール依存症 催眠療法 催眠術治す 

アルコール依存症とは?


大量のお酒を長期にわたって飲み続けることで、お酒がないといられなくなる状態が、アルコール依存症です。

 

その影響が精神面にも、身体面にも表れ、仕事ができなくなるなど生活面にも支障が出てきます。

 

またアルコールが抜けると、イライラや神経過敏、不眠、頭痛・吐き気、下痢、手の震え、発汗、頻脈・動悸などの離脱症状が出てくるので、それを抑えるために、また飲んでしまうといったことが起こります。

ー厚生労働省抜粋

アルコール依存症の診断基準


 まずは、アルコール依存症診断基準を掲載しております。

アルコール使用障害のDSM-5における診断基準

A. 臨床的に重大な障害や苦痛を引き起こすアルコール使用の不適応的な様式で、以下の2つ以上が、同じ12ヶ月の期間内のどこかで起こることによって示される。

  1. アルコールをはじめのつもりよりも大量に、またはより長い期間、しばしば使用する

  2. アルコールを中止、または制限しようとする持続的な欲求または努力の不成功のあること

  3. アルコールを得るために必要な活動、アルコール使用、または、その作用からの回復などに費やされる時間の大きいこと

  4. アルコールの使用に対する渇望・強い欲求または衝動

  5. アルコールの反復的な使用の結果、仕事・学校または家庭の重大な役割義務を果たすことができなくなった。

  6. 持続的あるいは反復的な、社会的なまたは対人関係の問題がアルコールの影響により引き起こされたり悪化したりしているにもかかわらずアルコール使用が持続

  7. アルコールの使用のために重要な社会的、職業的または娯楽的活動を放棄、または減少させていること

  8. 身体的危険のある状況でアルコールを反復使用する

  9. 精神的または身体的問題が、アルコールによって持続的または反復的に起こり、悪化しているらしいことを知っているにもかかわらず、アルコール使用を続けること

  10. 耐性、以下のいずれかによって定義されるもの:
    a. 酩酊または希望の効果を得るために、著しく増大した量のアルコールが必要
    b. 同じ量のアルコールの持続使用で効果が著しく減弱

  11. 離脱、以下のいずれかによって定義されるもの
    a. アルコールに特徴的な離脱症候群がある(アルコール離脱の基準AとBを参照)
    b. 離脱症状を軽減したり回避したりするために、アルコール(またはベンゾジアゼピン等の密接に関連した物質)を摂取する

現在の重症度を特定せよ:

  • 軽度(Mild): 基準の2つか3つを満たす
  • 中等度(Moderate): 基準の4つか5つを満たす
  • 重度(Severe): 基準の6つ以上を満たす

該当すれば特定せよ:

  • 早期寛解にあるもの(In early remission):以前にアルコール使用障害の基準を完全に満たし、その後にアルコール使用障害の基準(A4「アルコールの使用に対する渇望・強い欲求または衝動」以外)のいずれも満たさない時期が3ヶ月以上12カ月未満の間あったもの。

  • 持続した寛解にあるもの(In sustained remission):以前にアルコール使用障害の基準を完全に満たし、その後にアルコール使用障害の基準(A4「アルコールの使用に対する渇望・強い欲求または衝動」以外)のいずれも満たさない時期が12ヶ月以上あったもの。

該当すれば特定せよ

  • 管理された環境下にある(In a controlled environment):この付加的な特定用語はアルコールの使用が制限された環境にいる人に用いられる。

アルコール依存症の原因


アルコール依存症になるには、必ず理由があります。理由なくしてなってしまうものではありません。

 

依存症になる9割がメンタルと関連をしています。何かきっかけがあり、それを払拭するためにお酒を飲み始めることから始まり、やがてアルコールが切れるとイライラしてしまう、頭痛、不眠が始まります。

 

これを抑えるために再度、アルコールを摂取することで徐々に心身ともに悲鳴が聞こえてしまいます。

 

また、本人だけの問題ではなく支える家族にも心身の負担が掛かり精神疾患を引き起こすケースも少なくありません。

 

<アルコール依存症の原因>

●失恋

●いじめ

●職場でのトラブル

●過度なストレス

 

これらが考えられます。

アルコール依存症の症状は?


アルコール依存症 催眠療法 催眠術治す 

アルコール依存症の症状をまとめました。

 

<お酒を飲む前>

●常にお酒を飲みたい

●ついつい多く飲んでしまう

●手元にお酒が必須

●1日中お酒を飲む

 

<お酒を飲んだあと>

●手の震え

●多汗

●頻脈

●吐き気、嘔吐

●頭痛、下痢

●幻聴、幻覚

●不安感

 

 

アルコール依存症と精神疾患


この、アルコール依存症と精神疾患は密接な関係があり、本人が気づかないケースもあります。

 

実際に発病されるケースとしては、下記のことがあげられます。

 

●パニック障害

●不安障害

●うつ病

 

これらの症状を抱えている人はアルコール依存症になりやすいと言われています。精神疾患か、アルコール依存症かどちらが先に発症しているのかは人によりますが、心の病と密接した関係があると言われています。

病院でのアルコール依存治療法


厚生労働省では、アルコール依存症の方に対して下記の治療法を支持しています。

 

1) 解毒治療:

体とこころに起きている合併症の治療と、離脱症状の治療。

2) リハビリ治療:

個人精神療法や集団精神療法で、本人に飲酒問題の現実を認識して断酒の決断へと導く。退院後のリハビリ治療を視野にいれて自助グループへの参加なども始める。本人や家族に十分な説明をしたうえで抗酒薬の投与も開始する。

3) 退院後のアフターケア:

a) 病院・クリニックへの通院、b) 抗酒薬の服用、c) 自助グループへの参加、という「アフターケアの三本柱」を継続する。

薬物療法の危険性


アルコール依存症 催眠療法 催眠術治す 

薬物療法を行うにあたり、薬を服用するということは副作用もあるということです。

例えば、断酒補助剤では

 

1)アナフィラキシー

全身性皮疹、発疹、蕁麻疹、口内炎、喉頭痙攣、息切 れ等の症状を伴うアナフィラキシー

 

2)血管浮腫

舌腫脹、リンパ節腫脹等の症状を伴う血管浮腫があら われる

 

他にも、不安になる、便秘、嘔吐、があげられます。

 

全ての人に発症をする訳ではないですが、副作用がある以上薬の危険性もあるということを十分危惧する必要があります。

心理療法という選択


アルコール依存症 催眠療法 催眠術治す 

そもそも、アルコール依存症になるには理由があります。一番大切なのは、周囲の人が接し方を変えること、そして本人のメンタルケアが必要になります。アルコール依存症になった理由を紐解きながらそっと、寄り添うことが大切です。

 

<アルコール依存症の方への心理療法>

一般的にアルコール依存症には、下記の心理療法が有効だとされています。弊社の場合は出来るだけ短期間で改善をするために催眠療法(ヒプノセラピー)も利用しております。

 

・ブリーフ・インターベンション

・動機づけ強化法

・行動契約

・ソーシャルスキルトレーニング

・行動セルフコントロールトレーニング

・認知療法

 

加えて

催眠療法(ヒプノセラピー)を利用

催眠療法とは?


催眠療法とは、私たちの日常を司っている無意識に直接、心のケアをすることです。

 

アルコール依存症には、催眠療法を利用していますが、催眠療法中は

まるで教室でうたた寝をしている気分になります。

 

うとうととしている中で、脳は実際に起きていることと空想の区別がつかない状態になります。

 

それを利用して、アルコール依存症の人が抱えている不安感、孤独感、

寂しさを軽減します。

 

次に、無意識が記憶をしている

 

寂しい時=お酒を飲む

 

人生に必要なもの=お酒

 

という意識を上書きをし、改善をしていきます。

 

詳しくは、下記の画像をクリックしてみると、解決策のヒントが隠されています。

無料で改善方針の相談をしたい方へ

メモ: * は入力必須項目です